クレジットカード・競艇

クレジットカードで競艇

クレジットカードで舟券が購入出来たら便利だと思い調べてみました。射幸性が高いためお金をつぎ込み過ぎてしまって生活に支障が出るような事にならないようにクレジットカードで舟券は購入できないみたいです。競馬の馬券は購入できるのに競艇はダメだとか理解に苦しみます。給料や貯金をつぎ込む人や借金をしてまで舟券を購入する人はクレジットカードが使えようが使えまいが変わらないと思います。そんな事を言っていてもしょうがないので何とかクレジットカードのショッピング枠を利用して舟券を購入する方法を考えてみました。

クレジットカードを使って競艇の舟券を購入する方法

クレジットカードを使って競艇の舟券を購入することはできませんがクレジットカードのショッピング枠を現金化して舟券を購入することが出来ます。自分で現金化する方法もありますが手間と時間がどうしてもかかってしまうので今回はクレジットカードの現金化業者を利用して現金化する方法を説明します。

①インターネットで「クレジットカード現金化」と検索します。

②たくさんの現金化業者が検索にヒットしますのでお好きな業者を1つ選びます。

③ホームページの申し込みフォームから申し込みをするか直接電話をして申し込みます。

④クレジットカードのショッピング枠をいくら使いたいか、もしくはいくら手元に現金が欲しいかを伝えます。

⑤業者から条件が提示されますので納得できる条件でしたら業者にお願いします。

⑥現金が銀行口座に振り込まれます。

TELEBOAT を利用して舟券を購入する場合は振込してもらった銀行口座をTELEBOAT用に登録します。競艇場に行って舟券を購入する場合はATMによって現金を引き出してから競艇場に行きましょう。

現金化業者では全国振り込み対応で即日現金化してもらえますので急な資金繰りにも安心です。スマートフォンがあればどこからでも手続きができるので便利です。クレジットカードのショッピング枠を現金化をしてくれる業者はたくさんありますが業者によって現金化する方法がいくつかあります。同じ方法でも業者によって換金率が結構違いますので業者選びには口コミサイトや比較サイトなどを参考にして慎重に選びましょう。

ただ、現金化業者はたくさんありますし現金化業者の口コミサイトや比較サイトもたくさんあります。その多くの中から高換金率で申込も簡単な老舗の優良現金化業者を自分で探すのは時間も手間もかかるので大変です。現金化は初めてでよく分からないという人や忙しくて時間の取れない人の為に当サイトで優良現金化業者を厳選してご紹介しています。実際にクレジットカードのショッピング枠を現金化業者で現金化した人の口コミや多くの体験談を基に厳選していますので是非ご参考までにご覧ください。

関連記事

親切丁寧なお店をご紹介 ライフパートナー ライフパートナーは、老舗のお店になります。多くの実績が有り安心してお任せでき審査不要で全国振り込み対応!親切丁寧な接客でリピート率が高く、お話し・ご[…]

クレジットカード現金化 競艇 

TELEBOAT (テレボート)って何?

先ほど出てきたTELEBOAT(テレボート)とはネット銀行の口座や専門の銀行口座があれば競艇場や、ボートレースチケットショップ(競艇場以外で舟券が買える場外舟券発売場)に行かなくてもスマートフォンややパソコンから舟券を購入できるインターネットサービスのことです。テレボートを利用するには会員登録が必要になります。365日、24時間、土日でも入金可能。投票日も入金できるので、とても便利です。しかも払戻金は当たったその日に出金できます。銀行口座をお持ちの方は会員登録の簡単申し込みが可能です。入力項目が少なく簡単に公営競技ネットバンク投票サービスのご登録ができます。年会費・入会金も無料で全6艇だから当たりやすく全国24場のレースの舟券を100円から購入することができます。スポーツ紙4紙の予想も無料で見れてLIVEリプレイ映像も無料で見れます。

TELEBOAT(テレボート)の精算方法

的中払戻金や投票資金は毎日精算となり精算には下記の2種類があります。詳しく見ていきましょう。

①TELEBOAT(テレボート)では的中払戻金や残った投票資金をすぐに引き出す場合は投票サイトから精算指示でできます。テレボート口座からご自身の銀行口座に全額振替できます。

②的中払戻金や残った投票資金は、精算指示をしなくても自動的にテレボート口座から毎日22時ごろにご自身の銀行口座に全額振替られます。

TELEBOAT(テレボート)ネット投票会員登録サイト

URL:https://www.boatrace.jp/bosyu/pc/

入会ご案内窓口:0120-85-8006(9:00~18:00)

TELEBOAT(テレボート) ホームページ
関連記事

審査が甘いクレジットカード クレジットカードはカード会社によったりカードのステータスによって審査の基準が異なります。過去に延滞や遅延があって信用情報に自信のない方や現在、借入が多くて審査に自信がない方の為に審査が甘いクレジッ[…]

競艇の歴史

競艇は日本だけで見ても70年近い歴史があります。世界で初めて競艇が行われたのは1861年パリのセーヌ川で行われたモーターボートレースです。日本では1951年6月18日に公布されたモーターボート競走法制定を受け1952年4月6日に長崎県大村市の大村競艇場で公営競技として初開催されました。現在は全国に北は群馬から南は長崎まで24ヶ所にあります。当初は7隻、8隻立でしたが現在は6隻立てのレースのみになります。競艇は戦後財政難だった地方自治体の地方財政の改善を図る目的で始められましたが現状では自治体の収益は1%あまりで赤字で悩んでいる自治体も多々見受けられます。みんなで競艇を盛り上げて財政難の地方自治体の力になりましょう。

競艇場紹介

江戸川競艇場

江戸川競艇場は日本で唯一河川敷で自然の川を利用した立地を持ち、海面が荒れやすく枠なり進入が基本になるなどローカル色の強い特性があり、これまでSGの開催されたことはありません。施設規模は小さいですが、昔ながらのリーズナブルな食事が美味しく、コアなファンの多い歴史のある競艇場です。江戸川競艇場は日本で唯一、河川の水面を利用しています。江戸川ではなく中川を利用した自然の競艇場で水質は海水です。ひらけた河川敷沿いの自然を利用した特性から通年を通して海面が荒れやすく競走中止になるケースも多く見られます。

平和島競艇場

平和島競艇場は近くには多くのマンションが立ち並んでいて風の影響を多く受けやすい特徴があります。さらにその風は季節によって向きが変わるので、それらを予想に組み込んでいく必要があります。夏場は追い風、冬場は向かい風になるので予想する際に考慮に入れると良いでしょう。東京都の大田区にある競艇場で1954年に大森競走場としてレースが開催されたのを起源としています。水質は海水でスタンドから1マークまでが約37メートルで日本一狭いのも特徴の1つです。

住之江競艇場

競艇のメッカと呼ばれるほどSG開催数が多く都市型競艇場並びに関西の公営競技場では初となるナイター競走として住之江シティーナイターレース開催。売上、来場者ともにトップの人気を誇る競艇場です。住之江の競争水面の水は淡水で工業用水とスタンドに降る雨水を利用しています海水のレース場と違い浮力が少ないのが特徴です。コンクリート護岸に囲まれているため引き波が返し波として残りやすい構造です。また冬場は北からの追い風が多くスタンドの北端に当たった強風が2マーク付近に吹き下ろし水面が荒れることもありますが基本的には穏やかな水面コンディションが多く、5m以上の強風は約5%と少ないのも特徴の1つです。

最新情報をチェックしよう!
>安心と信頼のinformation site「現金化 biz」

安心と信頼のinformation site「現金化 biz」

クレジットカードのショッピング枠の現金化に関する最新情報をご紹介させて頂いております。クレジットカードの事・お金の事・現金化を業者に頼む時などの参考にして頂けるように有意義な情報を集め発信させて頂きます。

CTR IMG