クレジットカードでパチンコ

クレジットカードでパチンコ

クレジットカードを利用してパチンコができれば便利だと思い調べてみました。現在パチンコ店に設置されている貸玉器は現金と貯玉の利用しか対応していないみたいです。今後もパチンコ台に直接クレジットカードを挿入して玉・メダルが出てくる仕様になることはなさそうです。クレジットカードが利用できれば現金レスになり、お客側は大金を持ち歩く必要がなくなり盗難の心配がなくなります。お店側も売り上げの管理が簡単になりますしお店の中で大金を管理しなくても良くなります。お客にもお店にもメリットがあると思いますがデメリットの方が問題視されクレジットカードの利用は話が進まないみたいです。

クレジットカードでパチンコができない理由

クレジットカードで直接パチンコができないのにはいくつかの理由が考えられます。その理由を詳しく見ていきましょう。

・お金を必要以上に使い過ぎてしまう

・後払いになると気軽に使えて今より更にパチンコに依存してしまう

・多重債務に陥る可能性が高い

クレジットカード会社が反対

カード会社はクレジットカードで直接玉を購入できてしまうと購入した玉をそのまま換金して現金化できてしまうのでこのような使い方を防ぐためにパチンコ店にクレジットカードを導入する事を嫌います。クレジットカードのショッピング枠はお買い物やお支払いに利用するもので、利用者の支払いが終わるまでは所有権はカード会社にありますのでクレジットカードの利用規約でも現金化する行為を禁止しています。

クレジットカードはパチンコ店側でも負担増

パチンコ店側でもクレジットカードの決済設備を導入するとなると、かなりの導入コストがかかる事になります。他にもカード会社に手数料の支払いが発生することも考えられます。中小のパチンコ店ではかなりの痛手になると考えられます。クレジットカードの決済設備を導入したとしても現在のパチンコ業界を見ると行政からの規制やパチンコ業界団体の自主規制の流れから設備投資に見合った増客を期待するのは難しく感じられます。

パチンコ店にATM

こうした事から今後もパチンコ店ではクレジットカードの利用は認められることは無いでしょう。利便性を考えてもどうしても依存症の問題が出てきます。今では当たり前のようにパチンコ店にATMが設置されています。2007年からパチンコ店にATMが設置されるようになりましたが初めて見た時には衝撃を受けたのを覚えています。お客の利便性を考えて設置された物ではあるが設置当初から批判の声も多く上がっていました。店側がより多くのお金をお客に利用させる為の手段で依存症問題を増長させるとTVや新聞でよく目にしました。ただパチンコ店に設置してあるATMには通常にはない特別な機能が付いています。IT企業のインターネットイニシアティブの子会社のトラストネットワークスが東和銀行と協力して依存防止対策の特別仕様のATMを開発しました。

・引出利用限度額は1日3万円・1ヵ月8万円まで

・ローンやクレジット機能はなし

・振込機能はなし

というものです。引出利用限度額についてはパチンコ店に設置してある全国のATMが情報共有させていて同日または同月に利用するパチンコ店を変えても1日3万円・1ヵ月8万円までしか利用できません。

パチンコ店のATMは特別仕様だとしても

ただ、いくらパチンコ店に設置しているATMに制限をかけたとしても複数の口座を利用したり抜け道はいくらでもあります。今まででしたら手持ちのお金が無くなった場合、あきらめて帰っていた人が簡単にお金を引き出しさらに負けを増やし必要なお金を一時的な感情で使ってしまい大変な思いをする人がでてくるのは容易に考えられます。

企業努力の結果この先もいろいろと便利な世の中になると思いますが利用の仕方を間違えれば不幸になる人が増えるのも事実です。自分の事を守れるのは自分しかいません。自制心を持ち遊びの範囲内で遊戯を楽しみましょう。

クレジットカード現金化 パチンコ
関連記事

審査が甘いクレジットカード クレジットカードはカード会社によったりカードのステータスによって審査の基準が異なります。過去に延滞や遅延があって信用情報に自信のない方や現在、借入が多くて審査に自信がない方の為に審査が甘いクレジッ[…]

デビットカードでパチンコ

クレジットカードの利用は上記に書いた通りできませんがデビットカードでしたら一部のパチンコ店では利用する事が出来ます。デビットカードからICカードに入金して利用します。すべてのデビットカードが利用できる訳ではなく「J-Debit」のみになります。VISAやJCBでもデビットカードを発行していますが利用する事はできません。利用できるJ-Debitでも制限はあります。事前に利用申請をしないと使えないカードもありますのでカード会社に確認しておきましょう。利用上限があり1日30.000円までになります。使い過ぎを防止する為みたいです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してパチンコ

クレジットカードのはお買い物や支払いに利用するショッピング枠とお金を借りることができるキャッシング枠があります。このキャッシング枠を利用してパチンコをすることができます。キャッシング枠内でしたらATMで現金を引き出すことができます。使った分は翌月カード会社に返済します。返済は一括払い又はリボ払いで口座振替で銀行口座から返済します。一般的にはキャッシング枠よりショッピング枠の方が大きくなっています。中にはキャッシング枠が付いていないクレジットカードもありますので確認してください。

クレジットカード現金化してパチンコ

クレジットカード現金化してパチンコをする方法があります。クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれるお店を利用し現金でパチンコをすることができます。

キャッシング枠が余っている人は銀行やコンビニパチンコ店のATMでキャッシングして現金を引き出しパチンコをすることができますが、もうキャッシングは利用可能限度額まで利用してて余ってないけどショッピング枠は余っているという人にはもってこいの方法です。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカードのショッピング枠の現金化という方法ですが、クレジットカードを持っていてショッピング枠が余っていれば誰でも現金化することができます。現金化してくれるお店はたくさんあるのでインターネットで「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠現金化」と検索してその中から気に入ったお店を決めて申し込みします。お申し込みは現金化業者のホームページからでも直接電話でも簡単に出来ます。現金化業者に必要な金額を現金化してもらい現金化したお金は銀行口座にお振込みされますのでATMで引き出しパチンコをすることができます。リボ払いや分割払いにもできるので無理なく返済することができます。多くの現金化業者がありますので、どこの現金化業者が良い業者なのか選ぶのが大変ですが当サイトで優良現金化業者を実際に利用した人の口コミや多くの体験談から厳選して紹介してますので是非、利用する際の参考にしてください。パチンコはあくまでも遊戯なので生活に支障がない範囲で使い過ぎには注意して、ご利用は計画的にしましょう。

関連記事

2020年最新クレジットカード現金化優良店厳選3社をご紹介 ライフパートナー まず1社目は不動の人気を誇る老舗の現金化業者、ライフパートナーです。安心安全にクレジットカードのショッピング枠を現金化してくれます。数多くの[…]

クレジットカード・パチンコ

パチンコの歴史

パチンコは約70年間、庶民の娯楽としてと現在まで楽しまれてきた歴史があります。パチンコのルーツには諸説あり大正時代に欧米から輸入された横型のゲーム機が原点といわれていましたが、欧州各地で縦型のゲーム機が点在していたことが分かり今ではこちらをルーツとした考え方が主流になっています。

昭和20年代後半に入ると現在のような玉皿から自動で玉が送り込まれる連発式が登場しパチンコブームは最盛期を迎え全国に45.000店以上のパチンコ店がありました。大衆娯楽として不動の人気を誇り、その勢いは平成に入っても続き市場規模は30兆円にも達する巨大産業になりました。

しかし多重債務の問題・偽造プリペードカードの問題・不正な方法で出玉を獲得するゴト行為の問題・パチンコにのめり込みが原因の駐車場での幼児の事故が社会問題化し行政による規制やパチンコ業界団体による自主規制などがあり規模の縮小が余儀なくされました。結果、現在パチンコ店の数は10.000店を下回っています。時代の流れから今後さらなる規制も考えられパチンコ産業の縮小に拍車がかかると思われます。

クレジットカード現金化優良店 ピックアップ
最新情報をチェックしよう!
>安心と信頼のinformation site「現金化 biz」

安心と信頼のinformation site「現金化 biz」

クレジットカードのショッピング枠の現金化に関する最新情報をご紹介させて頂いております。クレジットカードの事・お金の事・現金化を業者に頼む時などの参考にして頂けるように有意義な情報を集め発信させて頂きます。

CTR IMG