クレジットカードって?

日本でも一般的になってきたクレジットカードですが何となく便利だから利用している人やクレジットカード自体よく分からないって人も多くいますのでクレジットカードの事をおさらいしてみました。

クレジットカード

まずクレジットカードの国際ブランドは5種類あり、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカンエキスプレス=通称アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)です。国際ブランドによっては使えるお店、使えないお店があります。同じクレジットカードでもステータスがあり一般的な年会費無料カード、普通カード、ゴールドカードは自分の意志で申し込み、審査に通れば手にすることができます。さらに上のステータスであるプラチナカードやブラックカードは、基本的にはクレジットカード会社から招待がなければ申し込むことができません。

関連記事

即日発行可能なクレジットカード 今回は、即日で発行可能なクレジットカードをご紹介させて頂きます。「海外旅行に行くことになった」「大きな金額の買い物をすることになったが現金を持ち歩きたくない」「急に現金化が必要になったが消費者[…]

クレジットカード何枚持ってる?

現在日本でのクレジットカードの保有率は85%で保有枚数は平均1人当たり2.5枚となっています。1人当たり2~3枚所有していることになります。以前から海外ではポピュラーな物でありアメリカでは平均保有枚数が2.6枚になります。あれ?日本と同じ位かなと思ってしまいますが貧富の差が日本よりもあり人口も多い為で富裕層では10枚以上を所有していて中間層でも5枚以上のクレジットカードを所有しているみたいです。貧困層には発行されずらい為、平均枚数が実際より低く感じます。最近まで現金主義の強い日本では現金払いが一番安心だと考えられていて高額な物を購入する時でも現金で支払う人が多くいてクレジットカードで支払う=借金と認識され敬遠されてきました。一方海外では現金よりクレジットカードが重要視されています。

クレジットカード 海外ではステータス?

海外でクレジットカードが重要視されるのには、いくつか理由があり日本では紙幣の技術が高く極めて偽造が難しいが海外では技術が低く簡単に偽造されてしまう心配がある点があげられます。次に日本に比べ治安が悪く強盗などの心配があり現金を持ち歩くよりクレジットカードの方が安心だという点もあります。コーヒー1杯購入する時など数百円の支払いでもクレジットカードで払うという程、現金を持ち歩かない人が多いみたいです。次にクレジットヒストリーを作りたくてクレジットカードを積極的に利用している面もあります。クレジットヒストリーとはクレジットカードの利用履歴の事で、これが良いとお金の面で信用のある人間だと判断されます。日本ではクレジットカードをたくさん持っていると返済能力と金銭感覚に疑念をもたれますがアメリカや多くの海外の国ではむしろクレジットカードをたくさん所有している方がステータスになりローンを組む時などでも重要視されます。なので日頃から良いクレジットヒストリーを積み上げようとクレジットカードを多用します。アメリカではクレジットカードは必需品で、持っていないとホテルに泊まる際に断られたり多額のデポジットを請求されたりします。クレジットカードを所有していることで信用(ステータス)があるとみなされるのです。

クレジットカード 借金?

先程、日本ではクレジットカードで支払う=借金と思っている人が多いと言いましたが銀行口座の残高以上の支払いをクレジットカードでしてしまったりリボ払いや分割払いにすればもちろん借金だと思います。カード会社への返済が難しくなるような使い方は避けるべきだと思いますが口座の残高内での利用でしたら借金ではなくただの後払いであり多額の現金を自宅に置いておく必要も持ち歩く必要もなくリスクを減らすことが出来ます。クレジットカードは落としたり無くしたり盗まれたりしても保険が付いていますしカード会社に連絡すればすぐに止めることもできます。ただ便利なカードだからといって使い過ぎてしまって返済に困ったり返済日を忘れて返済が遅れてしまったりするようでは信用を落とすだけになってしまいます。

クレジットカード メッリト・デメリット

クレジットカードは利用者にもカード会社にもお店にもメリットがあります。 利用者は海外旅行や出張もクレジットカード1枚あれば現地通貨を持っていなくてもスムーズにお買い物お支払いができます。後、クレジットカードは利用するとポイントが付いたりローンを組まなくてもリボ払いや分割払いにもでき現金が必要な時にはキャッシングもできます。普段のお買い物から携帯代や光熱費の支払いまでクレジットカードを利用すればポイントが付きます。ポイントが付くことによって現金で支払うより実質安く同じものを購入することが出来ますしポイントは支払いに充てたり商品に変えたりマイルに変えることもでき使い方次第で便利にお得に有意義に日常生活に潤いを与えてくれます。カード会社は利用者から年会費を徴収したりお店から手数料を受け取ることが出来ます。お店では現金の手持ちがないお客さんを逃さない事で機会損失を避けられます。レジの作業も会計処理も楽になります。レジ内や金庫内に多額の現金を保管せずに済むため盗難にあった際の被害額を抑ることが出来ます。

まとめ

クレジットカードは色々な会社から発行されていますので、よく行くお店や日々の生活の中でお得に使えそうなクレジットカードを選び所有するのが良いでしょう。クレジットカードは管理する事や支払う事に責任が生まれますので責任が持てる範囲内の所有枚数で支払いに無理がない程度の利用金額で利用しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>安心と信頼のinformation site「現金化 biz」

安心と信頼のinformation site「現金化 biz」

クレジットカードのショッピング枠の現金化に関する最新情報をご紹介させて頂いております。クレジットカードの事・お金の事・現金化を業者に頼む時などの参考にして頂けるように有意義な情報を集め発信させて頂きます。

CTR IMG